堕罪-Lost.Guilty-

この罪はSevens.Guiltyに属さぬ異端の罪

第八のGuilty「正義」に対なる存在と思われるもの

終わりを迎える時、堕ちた罪を宿す

一人の「少女」が、六つの堕罪の翼を解き放ち

胸に「この「セカイ」に叛逆を齎らす偽りの逆十字」が刻まれる

そして、始まりと終わり、終局への崩壊、終無きラグナロク

後に、堕罪の少女はこの「セカイ」の創世主を斬り貫き

「偽りの神」へとなり「セカイ」は消えゆく

Guiltyを宿し、生まれた新たな者達を残し

Guiltyを負った旧の者達を正十字架へ迎えゆく・・・

 

その先数年、「偽りの神」正義のGuiltyを宿す少女と

尽きることのない命の中、終わり無き戦い続ける運命を負うことになる

 

その戦いを見続ける「偽りの神」のは、この運命を受け入れる事が出来ないようだが・・・